ミラノサローネ 2016(1)トルトーナ地区

 STK_1162_R.jpg
 今年のミラノサローネは4月12日―17日までの日程で開催された。本格的な春の到来、そしてミラノに多くの人が世界中から集まる1大イベントであったが天候はおおむね良好で過ごしやすい日が続いた。
 今年は開催前の11日、プレスデーにトルトーナ地区を訪れた。ミラノサローネはフィエラ展示会場で行われる本会場と、フォーリサローネと呼ばれるミラノ市内のイベントに大きく分類されるが、トルトーナ地区はフォーリサローネの中心的な場所である。こうしたサローネの影響もあってかトルトーナ地区はこうしたイベントの時期だけでなく、若い世代を中心にしたファッション系のショールームや次々とショップが開店し発達を遂げている地域でもある。
 しかしサローネ期間のトルトーナ地区は知名度のため大きな企業が展示の場所を占めてしまい、デザインの祭典と呼ばれるミラノサローネにおいて、本会場と同じようにビジネス色が強くなったともいわれている。

Comment 0

Leave a comment