FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモ湖のベッラージョ(Bellagio)


 連日の猛暑が和らぎ、少しは過ごしやすくなってきたここ数日。この間バイクを乗り換えたのでまたコモ湖のベッラージョを訪れました。
 以前にも書いたことがありますが、コモ市からベッラージョへ向かう道は道幅は狭く、車では通行しにくいですが、湖畔を眺めながらの爽快なツーリングコース。ライダーを良く見かけますが、交通機関でベッラージョへ向かう場合はコモ市からバス、もしくは連絡船も発着しています。
 STK_7659_R.jpg
 この街が由来でアメリカ・ラスベガスには同じ名前のホテルがあるそうで、アメリカ人、イギリス人が多く訪れ、人口3000人ほどの小さな町ですが「コモ湖の真珠」と呼ばれ有名な観光地として知られています。イタリアでは珍しく?かなり英語が通じます。
 STK_7643_R.jpg
 街自体はこじんまりしていて歩いても1時間程度。小奇麗なセレクトショップ、木工工芸品、ガラス工芸品などのお土産屋もたくさん並んでいる品の良い街。ダラダラと日光浴をして、お酒を飲んで、のんびりするという欧米型のバカンス地というイメージがあり、日帰りというよりはここに数日泊まって、ヴィラ探索なんかをする拠点の街。
 STK_7630_R.jpg
 本当にこうゆうところに来るとイタリアの不況なんてどこ吹く風という感じで大勢の観光客で賑わっています。そろそろバカンス時期に入ってくるので、南の海に出かける人が増え、静かな8月のミラノがやってきます。

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。