猛暑の中のエキスポ


 去年の冷夏に比べると、今年は嘘のように猛暑が続いているミラノ。パスタを茹でるのがしんどいぐらいの暑さです。
 ミラノエキスポは7月11日にジャパンデーを迎え当座の盛り上がりを迎えたようですが、現地開催国のイタリア・パヴィリオンに次いで人気といわれる日本館に娘と行ってきました。 世界初の食がテーマのエキスポということで巨大なインターナショナルレストランみたいなものを想像していたのですが、レストランが併設してあるパヴィリオンは全体の6分の1?程度のようです。
 日本館の観覧時間は約50分と長め。そのせいもあり入場時にも並びますが、個人的には一番感動したパヴィリオン。やはり自分のなかに流れている血は、日本のものなのだと体感させてくれたパヴィリオンでした。
STK_7561_R.jpg
 食、文化、技術開発などの展示の最後にあるのが体験型「フューチャーレストラン」。40度近くあるとても暑い日でしたが、娘も気に入ったようで2回来場しました。イタリア館は僕は初日に来場しましたが、娘は猛暑のなかに延々と連なる行列に入場拒否。現在エキスポの入場料は39ユーロですが、夕方7時過ぎからは5ユーロになるようで、涼しくなってからの来場も多いよう。
STK_7510_R.jpg
 日本館にはレストランも併設しており、娘は天丼を注文・・・、エビ天ぐらいしか食べず、戻って来てモスバーガーのフライドポテト、鳥のから揚げも食べました。
STK_7511_R.jpg
 僕はココ一番のカレー。なかなか娘を連れて日本に行くのは難しいのですが、こっちに住む側のからすると日本の雰囲気が楽しめてとても良い思い出となりました。

Comment 0

Leave a comment