FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノのサンカルロ病院教会


 ミラノの近代建築物を代表する教会として、サンカルロ病院教会があります。この教会は建築家ジオ・ポンティ(Gio Ponti 1891年-1979年)によって設計され教会は1964年~1966年に建設されました。
 STK_3280.jpg
 この教会はミラノでも大きな病院のひとつであるサンカルロ・ボッロメオ病院という敷地の中に建っており、病院と繋がっています。イタリアを代表する近代建築が神と癒しに向き合った作品。
STK_3255.jpg
 イタリアの教会は空から見たときに十字架の形に見えるように設計されているものがほとんどですが、こちらの教会は菱形の6角形をしています。建築家ジオ・ポンティは6角形を良くモチーフに使い、この教会の全景、窓なども6角形になっています。
STK_3273.jpg
美しい6角形のステンドグラス。そういえばミラノ中央駅前にあるタイヤの「ピレッリビル」というのもジオ・ポンティの有名な建築物です。こちらも6角形の建物で、戦後初めてミラノ大聖堂を超える高さの建築物としてミラノに建設されました。近代ミラノを象徴する建物ですが、こちらのピレッリビルは2002年に飛行機に突っ込まれるというテロの被害にあっています。
STK_3251.jpg
 教会内左側には窓と光を共有するように聖人が並んでいます。プロテスタント的とも言えるほどシンプルな空間では人々が死を思い、生を思い、それぞれの祈りを掲げています。
STK_3258.jpg
 こうした礼拝堂もあります。今週は西欧社会では「死者の日」の連休でした。
 形あるものを求めてばかりいても、その形の本質には近づけない。では本質というものは何か?おそらくは生きるということを通してしか語れないものなのかもしれない、そうゆうことをいろいろと考えた週末でした。

サンカルロ病院教会(Chiesa di santa maria annunciata per L`ospedale S.Carlo Borromeo)
住所:Via Pio Ⅱ milano
アクセス:地下鉄赤線(M1)のINGANNIから49番のバスが出ています。

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。